カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ゲーム
4439位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
824位
アクセスランキングを見る>>
最新コメント
フリーエリア
にほんブログ村 ゲームブログ ゲーム制作へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新規モーションとキャラのパーツ作成

ms65.jpg
CloneFighter用のモーション「起き上がり(仰向け)A」を作成しました。
体の角度を変える動作が入っているため、ややぎこちないかもしませんが
枚数を絞って出力すればボロは目立ちにくいと思います。

また、モーション追加に合わせてSkirtパーツのグラフィックを一部更新しました。
( 角度違いのパターンを描いていなかったので追加しておきました )

今回パーツ用グラフィックを用意していて思ったのが、
テクスチャ上にあるパーツ一覧はキャラがどういうポーズを取っている時の画像なのか?
がわかりにくいという点。
ms66.jpg
パーツを用意しやすいよう、このパターンはキャラがこういうポーズを取っている時
という対応表を用意しようと考えています。


-------------------------------------------------------
ドット絵アニメ作成支援ツール2
グラフィック作成用の支援ツールについて、また1つ新しいものを考えています。
指定した色に対して特定のハイライト色/影色で陰影を自動追加するというツール。
Photoshopの機能に照明効果というのがあるのですが、
これをドット絵向けに簡素化したものをイメージしています。

画像内の色を1つずつ一覧に追加して、その左右にハイライト色・影色を設置。
陰影の角度・タイプを3種類くらいから選んでセット、陰影を塗る領域を設定。
1.純粋に領域をずらし重ねて余った部分を計算
2.領域サイズに合わせた円形状部分を領域とする
3.大きめの円形状を置いた余り部分を領域とする
※円形状の指定では減衰の限界を設定

 領域計算時は、形状の凹凸具合を計算に入れて陰影の発生を歪ませる。
 また、同じ色の部分全体を1つの領域として扱うのか
 連続していないドットは別領域として個別に計算するかもオプションで指定する。
 ( 画像全体の色情報を1ドットずつ配列に格納して比較・計算すると良さそう )

設定を保存して一旦ソフトを終了。
再び起動したソフトに手持ちの画像をドラッグ&ドロップ、一括で陰影処理を自動的に行う。
余裕があれば、ドット特有のパターン込みで陰影を描いたり
中間色を使った陰影もセットできるようにしたい。

使用ツール・ソフト
用途が狭く、原理がシンプルなプログラムなので
もし作るならお手軽なHSPを使ってササッと完成させたいですが、
用途に合わせて2D処理向きの画像プラグインを用意した方が良いかもしれません。

私自身はドット絵の陰影描きをちょっと面倒な作業だと考えていて、
陰影描きを自動化すればもっと手軽にドットアニメを描けるのではないかと思うのです。
自動化・効率化ばかりを目指すと愛が薄れるような気もしますが
完成第一をサポートするツールとして有りなんじゃないかな、と考えています。

とは言え、実際に作るかどうかは気分次第。
やはり最大の原動力は「実験してみたい」という気持ちなので、
気が乗れば副産物的にソフトが1つ出来上がるかも
という感じでのんびりやっていきたいな、と思います。
( もしかしたら自分が知らないだけでそういう機能・ツールは既にあるかもしれないし )
スポンサーサイト

コメント

Secret

decoboko.jp

このブログについて

茫然

Author:茫然

カウンター
アルバム
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。